TEL

MENU

イエステージお約束

代表取締役

和田 靜佳
TADAYOSHI WADA

  • 宅地建物取引士

経歴

本業の傍ら、湯浅町のコミュニティFMラジオ局「FMマザーシップ」にて、地元和歌山県の若手起業家の方などをご紹介するトーク番組「わかばのひろば」のパーソナリティも務める。地元和歌山の「まち」と「ひと」がイキイキできる「場所づくり」のお手伝いをします。

「和歌山の不動産をValue UP!」を込めた意味

人口流出が続く地元和歌山。現在では和歌山県の人口は100万人を下回り、2060年には50万人程度まで減少するという予想さえあります。

生まれ育った和歌山の街を、自分たちの「不動産」という仕事を通じて元気にしたい。決して綺麗ごとではなく、自分たちの一生変わらずライフワークとして、力の限り貢献したい。

植樹条件付きの宅地分譲により、緑に彩られた美しい和歌山の街をつくる。まちかどの空地を緑化して、憩いの交流のスペースをつくる。これまでに無いコンセプトで魅力ある街をつくる。このような取り組みを積み重ね、不動産の流通を促し、和歌山の不動産価値を向上させる。まだ道半ばではありますが、これまでの実績も着実に増え、今後さらなる貢献ができるものと確信しています。

しかしそのためには、不動産業界のイメージの刷新、資質の向上が急務であるとも感じています。たいへん残念ではありますが、不動産業界に対するイメージは必ずしも良いものではありません。いかにお客さまの不安を取り除き、風通しの良い関係を築き、安心してお取り引きしていただくか。この追求なしに、不動産流通の活性化、しいては価値の向上はありえません。

専門家視点・お客さま目線双方からの物件調査やガラス張りの情報提供をはじめとする取り組みは、従来の業界イメージを払拭する第一歩。お客さまに心から安心できる不動産取引をご提供するために、まだまだ出来ることがあるはずです。

「不動産自体の価値向上」と「不動産業界の価値・資質の向上」双方の想いを託した「和歌山の不動産をValue UP!」。私たちはこの言葉を胸に携え、何よりも先にお客さまとの信頼関係を築き、一生お付き合いのできる、不動産における真のパートナー企業を目指して颯爽と邁進していきます。

専務取締役

藤原 豊和
TOYOKAZU FUJIWARA

  • 宅地建物取引士
  • ファイナンシャル・プランニング技能士3級
  • 不動産キャリアパーソン

経歴

宮前小学校・星林高校卒。イエステージ創業メンバーの一人として、会社とともに地元・和歌山をもっと盛り上げるべく、仕事を通じて日々挑戦中。
グループ会社「株式会社イエステージ・kai」代表

とにかくあきらめず、
どんな小さなことにも誠心誠意対応する

まだ不動産業界に入る前、突然近所のおばちゃんから勧められ宅建取得。当時宅建を知らなかった私に、「そんなことも知らんの?」と言われたことで心に火がつき、強い意志を持って試験対策の学び舎へ。そこでの当社代表和田との出会い、そして無事の宅建合格が、私の人生を大きく変えてくれました。

学び舎で和田と知り合った時は、まだイエステージは誕生する前。もちろん一緒に仕事をするという話もありませんでした。しかし次第に親密になり、和田の夢や熱い想いに惹き込まれ、全く違う業界から不動産の世界へ飛び込むことを決意。こうしてイエステージ創業メンバーとなりました。

予想はしていたものの、やはり1からのスタートは苦難の連続ばかり。会社案内プロフィールを「大きな名刺です」と言いながらお届けしたり、カニ歩きでひたすら訪問するも、結果は門前払いのオンパレード。不動産業界への風当たりを実感しながらも、「とにかくあきらめず、どんな小さなことでも誠心誠意対応する」と愚直に行動し続けた結果、今ではお客さまからご依頼いただくこと、そして新たなお客さまをご紹介いただくことが続くようになり、これまでの行動が結実を身をもって感じています。

もちろん今も、「あきらめない」、「誠心誠意」は変わらぬポリシー。土地をお探しのお客さまが、売りに出ている物件にご希望の土地がないとなれば、付近の売りに出ていない空地の情報を集め、お客さまのご希望に沿って地主さまと交渉する。この行動ひとつで、お客さまの選択肢は大きく広がり、理想の実現に一歩近づきます。

その時のお客さまが見せてくれる笑顔と満足感。きっとこれこそ、変わらぬポリシーを確立させてくれたことだと思います。

最後に、ご縁をいただいたお客さまにお伝えすること、それは、「私にご依頼いただいた方はもれなくラッキーです♪」。この言葉が本当だったと感じていただけるよう、これからもあきらめることなく挑戦しつづけます。

不動産開発・分譲事業部 街区プランナー

日栄 武也
TAKEYA HISAKA

経歴

和歌山工業高校・中央実務専門学校卒。建築設計会社、土木監督、アパート・マンション営業を経て現職。用地交渉から企画、分譲までの一連を担当し、魅力ある街づくりに日々奮闘中。

開発分譲を通じ、和歌山の活性化に貢献する

地元和歌山で、他にはない魅力的な街をつくる」。明確なコンセプトを持った魅力ある街作りに惹かれ、イエステージのメンバーとなったのが2014年。今でも時折、その頃のことを思い出します。

「こんな街づくりをしたい」、「不動産業界のイメージを刷新したい」、「和歌山を元気にしたい」・・・、代表の和田、先輩である藤原の想いを初めて聞いたとき、「不動産を通して和歌山を元気になんて出来るのか?」「いち不動産会社だけでは難しいのでは?」と思ったのが正直なところ。しかし、そんなことを口に出させない程にキラキラと輝く二人の目。その表情と前のめりの姿勢から、「この人たちは本気なんだ」とわかり、お世辞なしに二人が光って見えました。

そんなメンバーの一員となり、開発分譲を通じて和歌山の活性化を考えるようになった今、改めて感じる「イエステージに入ってよかった」という想い。もちろん、開発分譲は決して楽しいことばかりではありません。用地確保だけを取り上げても、それは気が遠くなるような道のりです。しかし、自分達が企画した魅力あふれる街が現実になり、その街並みや住まう方々の笑顔を目にすると、やっぱり開発分譲を通して和歌山の活性化に貢献できるのだと実感します。

魅力ある街づくりを積み重ねる傍ら、もうひとつ実現したいと思っているのが「土地のブランディング」。建物に対するブランディングは今でこそ目にする機会が多いものの、土地に対するブランディングは、未だ目にしたことがありません。

住む人が価値観を共有でき、将来にわたって豊かさが増す街づくりを追求し、結果として「イエステージの分譲地」と指名される状態を目指す。このプロセスと行き着く未来は、住まう人の笑顔、和歌山の活性化、そしてイエステージの活力にも繋がっていくと信じています。

不動産仲介事業部

東濵 徹
TORU HIGASHIHAMA

経歴

専門学校にて建築を学び、住宅や店舗の工務監督を経験した後、一部上場企業で不動産運用に携わり現職に至る。マイホームはもちろん、土地活用や暮らしに関するお悩みを解決できる「ライフナビゲーター」として地元和歌山に貢献してまいります。

「一期一会」から始まる、末永い「ご縁」

出会う方一人一人との一瞬を大切にする「一期一会」。不動産の仕事を始めた頃に心に刻み、今もなお大切にするこの想いこそ、お客さまとの間に一生続く「ご縁」のスタート地点だと思っています。

お客さまが不動産会社に相談される機会は、人生の中であまり多くないかも知れません。しかし、必要になったときには一番に思い出してもらいたい。こんなこと相談できるかな?と思われたときにも気軽に相談してもらいたい。だからこそ、現状に満足することなく、もっともっと幅広いご要望に応えられるよう、業務範囲の拡大と自らの成長を心がけています。

その反面、なかなか成長しないのが趣味のゴルフ。10年以上打ち込んでいるのに、未だスコアは100前後。でもこれは、楽しいからいいんです。私の元気の素だから、スコアはどうでもいいんです(笑)。

本気で和歌山を元気にしたいと願う仲間たちが集い、活気に満ち溢れるイエステージ。休日にゴルフで蓄えた元気をもとに、仲間とともにお客さまのご要望を出来る限り叶え、末永いご縁を実らせたい。そんな毎日を通じ、和歌山の不動産流通を活性化させ、地元和歌山をもっと元気にしたい。そんな道筋を描きながら、日々不動産仲介の仕事に当たっています。

物件調査部 調査員

日野 みゆき
MIYUKI HINO

  • 宅地建物取引士

経歴

スタッフ全員が社外で活動する時間をもっと充実させるべく、これまでの不動産業界経験も活かしたサポート業務を担当しています。縁の下の力持ちとして、お客さま、そして仲間としっかりと繋がっていきたいと思っています。

手抜かりのないよう、細心の注意のもとで行う物件調査

重要事項説明書や契約書に記載する情報を調べたり、売却時における専門的視点・お客さま視点双方からの細部の確認、物件の周辺調査(ご近所や自治会などの実情の聞き取り調査)などを行う「物件調査」。

この「物件調査」、漏れなく調べなければ、お客さまにご迷惑をかけてしまいます。それゆえ常に責任感を感じながら、手抜かりのないよう、細心の注意を払って調査を行う毎日です。

そのほか、みんなが社外で活動する時間をもっと充実させるべく、これまでの不動産業界経験も活かし、書類作成をはじめとするサポート業務も担当。お客さまと接する時間は少ないものの、縁の下の力持ちとして、お客さま、そして仲間としっかり繋がっています。

若いメンバーが多く、活気溢れるイエステージ。そんな環境は元々アクティブな私に心地よい刺激を与えてくれ、時間さえあれば物件の草刈りや掃除、ポスティング活動も積極的に行いたいと思う今日この頃です。

緑彩事業部 ガーデンデザイナー

小嶋 邦彦
KUNIHIKO KOJIMA

  • 1級造園技能士
  • 2級造園施工管理技士
  • 第23回都市緑化大阪フェア 金賞
  • 第44回技能五輪全国大会 第3位

経歴

桐蔭高校卒業後、園芸専門学校を経て、東京世田谷・小杉造園に就職。海外を含む多数のプロジェクト参画などを経て、2011年より活動拠点をふるさとの和歌山に移す。

植物と向き合い、ゆっくりと眺めるひと時を

「お庭を創ってほしい」。実家の園芸店には、このようなご要望が数多く寄せられました。そんな声にしっかりと応えたい、それがガーデンデザイナーの道を選んだ発端です。

出来上がったプランをもとに、実際の空間を作り上げるガーデンデザイナーという仕事。まるで絵を描くかのように、まずはシンボルとなる植物を据え、全体との調和を図りながら空間を彩る樹々を散りばめる。こうして出来上がったお庭は、「植える」という意味ではゴールなのかもしれませんが、「変化を愉しみながら永く愛でる」という意味では、新たなスタートであることにも違いありません。

ガーデンデザイナーとして望むこと、それは「庭にある植物の表情や変化を観てあげてほしい」ということ。和歌山市塩屋の空地を緑化した「まちかど緑地」も、造成した当初とは表情も変わり、そして四季折々でも、その瞬間ごとに違う姿を目にすることができます。

植物と向き合い、ゆっくりと眺める。そんなひと時を、ぜひ愉しんでみてください。

緑彩事業部 midoriプランナー

高澤 章子
AKIKO TAKAZAWA

  • エクステリアプランナー

経歴

短大卒業後、電子基板会社でCADオペレーターを担当。その後、園芸店で働きながら外構の専門学校を卒業し、外構企業のプランナーを経て現職。リックパースコンテスト2015 一次審査通過。

言葉とカタチをシンクロさせる、
それがプランニング

お客さまの理想を叶えるお庭づくり、その最初をお手伝いするのがmidoriプランナーの役割です。

お客さまが想い描くお庭のイメージを共有するため、一言一言に込められた想いを丁寧に紡(つむ)ぎ、言葉とカタチの距離を近づける。そして、実際の土地の様子や周辺環境、家族構成、ガーデンデザイナーが持つ植物の情報など、出来る限り多くの情報をもとに、言葉とカタチをシンクロさせる。こうして出来上がるプランにお客さまが喜んでくださった時には、嬉しさとやり甲斐で心が一杯になります。

お客さまには、主にCADで作成した平面データと3Dのパースデータをご覧いただいています。でも、実は私が一番好きなのは、真っ白な紙に鉛筆を走らせ、イメージを手書きしていくその瞬間。いろんなことを想像しながら一本一本の線を書き加え、カタチを創りあげていくプロセスでは、時間を忘れて没頭することもしばしばです。

空間を彩り、豊かな暮らしを叶えたい。そんな想いを胸に、これからもお客さまに喜んでいただけるプランを創造していきます。

みんなのサポーター

栗原 有香
YUKA KURIHARA

経歴

高校卒業後、地元建設会社の営業アシスタント、大手自動車ディーラーの受付を経て現在に至る。接客業で培った小さな目配り、気配りを忘れずに、お客様に「イエステージを選んで良かった」と満足していただける気持ち良い取引になるよう、精一杯のサポートを心がけています。

「袖振り合うも他生の縁」いただいた貴重なご縁を大切に

転職のタイミングで偶然出会ったのがイエステージでした。

建設資材会社に勤めていた父の影響で不動産業界には興味はあったものの、資格や経験が特になかった私。

ですが、イエステージの一員となり、一つの案件に全員で議論し、最善の策を練りつつもネガティブな言葉は一切でない、そんなスタッフの姿勢に感銘を受け、「皆の役に立ちたい!和歌山を活性化させたい!」すぐにそう感化させられました。

私の好きな言葉に「袖振り合うも他生の縁」というのがあります。どんなシチュエーションでも、いただいた貴重なご縁を大切に紡いでいきたいと思っています。

これまでの接客業で培った小さな目配り、気配りを忘れずに、お客様に「イエステージを選んで良かった」と満足していただける「気持ち良い取引」になるよう、精一杯のサポートを心がけています。

不動産売却・購入仲介をご検討の方は